借り入れ審査に関わる重要な要素を知っておくと良い

メニュー

リンクメニュー

サブメニュー

キャッシングの審査ではどんなことが見られているのか

銀行や消費者金融などの金機関からキャッシングを利用してお金を借りるときには審査を受けることが条件となります。この時審査を受ける項目の一つが「職業」です。

キャッシングを利用する最低条件は「20歳以上で安定した収入があること」となっているので、職業があるかどうかが重要な点となります。よくチラシなどで「無職でも貸します」といった宣伝文句が見られますが、こういった業者はヤミ金の可能性があるので注意が必要です。

職業に関しては正社員でなくても大丈夫です。契約社員やアルバイト・パートといった非正規で働いている人でも安定した収入さえあればお金を借りることができます。「年収」も融資を受けるための条件の1つです。基本的に年収が多いほど返済能力が大きいと判断されるため、利用限度額も大きくなります。

ただし、年収が多くてもすでに多くの借り入れがあって総量規制に引っかかるようなときにはお金を借りることができないこともあるので注意が必要になります。マイホームを持っているかどうかも融資の判断基準の一つになります。

マイホームを持っている人はそれなりの収入があることの証明になりますし、審査基準が厳しい住宅ローンを利用していることも金融機関に安心感を与えるからです。

キャッシングをする時の金利の仕組み

消費者金融はもちろんボランティアでキャッシングサービスをおこなっているわけではありません。営利団体であり、利益を出すためにサービスを提供しているのです。そのサービスにおいて利用者は対価を払わなければなりません。その対価となっているのが金利です。

利用者は借りたお金(元金)に合わせて利子を付けて返済する義務があるのです。その金利がそのまま会社の利益になるわけではありません。会社を運営するために店舗を借りる賃貸料やシステムの開発・維持にかかるコスト、さらには従業員の給与の支払いに充てる必要があり、それを差し引いたものが会社の利益となるのです。

また、利用者の全てが元金と利子を自己破産を理由にして支払われないケースもあります。それは消費者金融の損失となってしまうため、その損失を他の利用者が払った利子で穴埋めしているのです。

一見高いようなイメージを持たれることの多い消費者金融のキャッシングの金利です。しかし、維持費や人件費・賃貸料の支払い、損失の穴埋めなどにも利用されているため、決して高いというわけではないのです。

逆にそれ以上利率を引き下げてしまうと赤字になってしまうところもあるので消費者の理解が必要となります。

キャッシングはリボ払いがお勧め

キャッシングを利用する人は多くなっていますが、返済方法をいろいろ選ぶことができるようになっているところも、利用者が増えてきている理由の一つかもしれません。一昔前に比べると、返済しやすくなってきているからです。その一つに、リボ払いという方法が挙げられます。

ほとんどのキャッシングでは、このリボ払いを採用しています。この方法は、毎月の返済額が決まっているというタイプなので、返済がしやすくなっているところが特徴的です。家計の負担もなく、毎月、決まった額をしっかり返済していけばいいので、とても分かりやすく楽という点が魅力的な返済方法となっています。

特に、初めてキャッシングを利用するという人は、返済方法に戸惑ってしまうものです。しっかり返済できるかどうか不安になってしまうことがあります。そんな人には、ちょうどいい返済方法と言えるかもしれません。

毎月、同じ額なら忘れることも滅多にありませんし、無理のない額を設定しておけば、返済が滞るということもないはずです。

こういったメリットがあるため、返済方法はリボ払いを選択する人が増えてきています。お店側でも、この方法をお勧めすることが多くなっており、とても利用しやすいところが特徴的です。